日本には16種類のスズメバチが棲息していますが、そのうちの一種であるチャイロスズメバチは中部地方以北に棲息しています。このハチの最大の特徴は他の種類のハチの巣を乗っ取るということで、初期段階の他のハチの巣に入り込むとその巣の女王を殺して自分が巣の主になります。

自分が産んだ働きバチが羽化するまでは、元々その巣にいた働きバチを働かせます。


毛に覆われた外皮は非常に頑丈で、自分より大型のハチの毒針や大顎でも中々貫通できません。この防御力の高さが他のハチの巣を乗っ取る時にも役立つのです。

とは言え、乗っ取りに失敗して返り討ちに遭うこともあります。

クロスズメバチはその名の通り体が黒く、腹部に白っぽい縞模様があるのが特徴です。
日本では食用にする地方もあり、「ジバチ」や「スガレ」など様々な地方名で呼ばれています。

スズメバチの対策の詳細情報となります。

巣は森林や土手の土中に作られます。


小型の昆虫の他に動物の死骸から肉を切り取って団子を作ることもあり、焼き魚など人間の食べ物にたかることもあります。

教えてgooをご紹介いたします。

攻撃性はそれほど高くありません。

ツマアカスズメバチは黒っぽい体を持つハチで、腹部の先端だけ赤褐色です。
台湾やミャンマーなどに分布しており、元々日本には棲息していなかった種類ですが、外来種として移入しており特定外来生物に指定されています。

日本のみならずポルトガルやドイツなどヨーロッパにも進出しています。



様々な昆虫を餌とし、ミツバチも捕らえるため養蜂に被害をもたらすこともあります。